テラル(TERAL)とフロム(FROM)|ディスポーザー機能比較

最新の日本での認定メーカーの比較表はこちら!

テラルは認定メーカーであり、パワーも優れ、最新機種250HDについては、自動配管洗浄機能も搭載しています。

一般社団法人日本ディスポーザー協会
一般社団法人日本ディスポーザー協会
もちろん、ディスポーザーには国の一定基準を満たした6メーカーだけが取得できる認定ロゴも貼ってあります。

テラル社のDPの一部「粉砕する刃の部分」はフロム工業OEM生産です。粉砕力は日本の基準を満たす中でも差があります。

手で触れる部分には刃はついていませんので安全ですが、刃の数にも差があるために、粉砕力・入れられる生ごみの内容が変わってくるそうです。

主な違いとしては、フロム社の方が「入れられるごみの種類が増える」事と「運転時間が短い」事。

テラル社は品番によっては「自動洗浄機能が搭載されていない」ものや「内容量が少ない」などの点も見極めて選定した方がよさそうです。

「自動配管洗浄機能」はついていないメーカーの方が多く、ポイントは内容量と粉砕力です!

一般社団法人日本ディスポーザー協会
比較

国内唯一DP専業メーカーとして製造業を営む、株式会社フロム工業にお邪魔してきました。(福岡県中間市)ディスポーザーの製造業一筋で運営されています。
日本下水道協会協会認定製品の中で、今回撤退を発表したpanasonic以外の5つのメーカーの中でも、自社製造はほとんどしておらず、フロム工業で製造・生産をするOEMという形で生産を行っています。そのためフロム工業社内の中でいくつもの工場を持ち、研究や生産がおこなわれていました。
こちらのメーカーは「自動配管洗浄機能」の特許を取得していて、最前線で技術を使用可能なところも強みです。出荷台数に関して日本NO.1メーカーであることも納得ですね。

製造過程では、大きさ、重さ、容量、パワー、使いやすさ、壊れにくさ,,,,,
様々なことが加味されて常に研究されているようです。私たちもその細かい製造過程を見学させていただき驚きの連続でした。

一般社団法人日本ディスポーザー協会
機械内部構造

実際投入可能な生ごみの種類

  • バナナの皮
  • 枝豆の皮
  • パイナップルのヘタ
  • 卵の殻
  • 玉葱の皮
  • アボカドの種
  • 梅干しの種
  • 魚の骨
  • 鶏肉の骨

上記全て投入可能です。
実際アサリや貝殻なども投入可能ですが、柔らかいもの(餅や団子)、加熱調理していない魚や肉の生身を投入すると、粉砕しにくいようです。弁当箱に入っているバランやプラスチック・紙製品にも気を付けたほうがいいそうです。
わたしはアサリが大好きなのでよく投入しますが普通に粉砕してくれます。
水をしっかり出しながら流してあげないと生ごみは流れませんので、手動タイプの方は絶対流水しながら作動してください!!
又週に1度ほどでいいので蓋部分を清潔に洗うことや、氷を投入して作動(刃の洗浄効果)してメンテナンスもしてあげてくださいね。
繊維質の多い枝豆の皮や薄くて粉砕しにくい玉葱の皮は各メーカー投入不可なメーカーさんの方が多いですので、間違って投入しないよう気を付けましょう。粉砕性能がいいフロム工業は、さすが専業メーカーさんです(^^♪

まだまだ日本ではディスポーザーの単独設置(戸建て設置・直投式)が公におススメされていないのはどうして?

これについては日本のゴミからとれる税金問題・お金にまつわる癒着問題・地域別の条例や規則を全て絡めて考えられますね。何度も地域別に社会実験が行われ、直投式の下水道へのリスクに影響がないことが証明されている中悔しいですね。しかし実は戸建てでの依頼や設置の要望も年々増えていますし、マンションへのディスポーザーの設置は、もはや「ブランド化」しているような気がします。
フロム工業では直投式ディスポ―ザ―の特許を取得されているとのことで、今後戸建て直投式ディスポ―ザ―設置増加も予想され、楽しみです!!

自動配管洗浄機能について

お客様からの修理や故障対応以来のほとんどが「水漏れ」「異音」「異臭」「スイッチが入らなくなった」です。
その原因は「破砕性能」「耐久性」にあると考えられます。
従来のディスポ―ザ―では、「繊維質のおおい枝豆の皮はNG」だとか、軽くて処理しにくい「卵の殻」「玉葱の皮」は入れられないだとか...いちいち覚えてられませんよね。(苦笑)
海外では「破砕性能抜群!!」「どこの家電量販店でも売ってる!」これが日常だそう。海外出身のディスポーザーを以前使用していた方々からよく聞きます。海外では「蓋がないタイプの直投式ディスポ―ザ―」が主流です。日本では蓋を閉めてまわすことでスイッチONとなるのが主流です。
日本に住んでいる私は「蓋スイッチ」の方が安全で嬉しいですが、「直投式」も構造を理解するととっても安全な機器なのです。
機会下部のゴミが破砕されたあとの配管部分はどうでしょう。
フロム工業ディスポーザーには、自動配管洗浄機能(粉砕に時間がかかると自動判断された場合、内部に水を溜め、溜めた水を勢いよく排出するジェット洗浄)が搭載されています。
又、自動ストップ運転(ごみの量を自動で察知し、30秒~1分間で自動でストップする機能)もついています。この、「常に内部を綺麗に保つ機能」+「配管まで掃除してくれる」機能にも日本で唯一の特許技術を取得しています。株式会社フロム工業HP

一般社団法人日本ディスポーザー協会
比較図
フロム工業製ディスポ―ザ―を使ってみての感想
  1. AI機能搭載で運転時間の短縮(お水の節約)
    事前にお客様に聞いたところ、「通常は1分だけど音が消えたら途中で止める」方がほとんどでした。
    そんな中、AIストップ機能は30秒~1分で自動にストップ。ちょうど「粉砕し終わったかな?」というタイミングで停止するので非常に使いやすく、両手で気兼ねなく洗い物ができます。(洗い物しながらだとお水代節約にも!)
  2. 配管の自動洗浄機能
    これは他のディスポーザーについていない機能でとても画期的!
    配管部分で詰まるなんて自分じゃどうにもできないし費用もかかる・・・
    配管部までパワー洗浄機能の付いたディスポーザーならとっても安心感があります。
  3. 破砕性能の向上
    OEMを取り扱う=普通、自社製品はNo.1に仕上げますよね。各メーカーの刃の数も粉砕性能も全然違うんです!
  4. 国内製造台数1位/ディスポーザー専業メーカー
    専業メーカーなんてどこにでもありそうですが・・・
    大手panasonicが撤退するくらいです。しかもディスポーザーの専業メーカーは日本で「フロム工業」しかないみたいです。ですから、メーカーの名前をあまり聞かないのはOEMも請け負って、施工はしない、あくまでも「製造」にこだわりがあるからこそ性能に差が出るんでしょうね。
    更に日本で普及すれば、性能差は大きく注目されるんでしょうね。
一般社団法人日本ディスポーザー協会
比較図2
  • ディスポーザーは、家庭用シンクの排水溝に取り付け、生ごみを細かく粉砕して、トイレの汚水と一緒に下水処理施設へと排出してくれる機械です。家電として安価で購入でき、費用対効果も高く、世界的に親しまれています。生ごみを無くし、悪臭、コバエ、ゴキブリなどの家庭内の不衛生に関するお悩みを解決致します。
  • 当店は下水道協会認定商品の純正品のみのお取付をしております。海外製品や既製品のお取付は取り付け手数料のみで設置交換対応させていただきます。
  • ディスポーザーは、焼却や埋め立てによって行われる行政コストの削減、CO2排出や温暖化抑制、衛生環境の改善から、環境保護に貢献し、持続可能な社会を実現しSDGsに貢献します。よく「脱炭素社会」という言葉を耳にしますが、車だけでなく家庭の可燃ごみに目を向けると様々な問題があります。
  • ディスポーザー付きマンションにお住まいの方は交換の際、日本下水道協会の認定品の中から自由に製品を選ぶことができます。戸建てでディスポーザー設置をご検討(ディスポーザー単独使用)の方は、地域によって、単独設置が認められていない場合がありますのでまずは弊社にお問い合わせください。
  • 最新のディスポーザーは配管洗浄機能を搭載したモデルもあり、配管詰まりのリスクも大幅に軽減されています。お手入れ性能も向上しているので、7年以上お使いの方は交換をご検討ください。
  • 後継品番がないメーカー日本ゼスト、TOTO、新明和工業、セコム、セキスイ、パナソニック※パナソニックは2030年に事業撤退を表明しています。上記メーカーのディスポーザーをお使いでも、別メーカー製品への交換が可能なのでご安心ください。
  • 製品認証を取得しているメーカーはテラル、リクシル、安永エアポンプ、パナソニック、マックス、フロム工業の6社となります。

お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。045-295-1500受付時間24時間