キッチンに付けるディスポーザーとは?

目次

ディスポーザーとは何か?

ディスポ―ザ―とは、キッチンの排水口に付ける、生ごみ粉砕機(家電)のこと。

一般社団法人日本ディスポーザー協会
ディスポーザーとは何?

新築マンションで人気のディスポーザー設備
せっかくきれいなマンションに入居しても、キッチンや廊下、共用スペースから嫌な臭いがするのでは台無しですよね。
調理の際や食後に出る生ゴミの臭いを出さないという意味でも、ディスポーザーは優れたアイテムです。
水を流しながら生ゴミを粉砕処理するディスポーザーはマンションの人気設備となり、これを基準に引っ越しや家賃を考えるご家庭も少なくありません。
今や高級マンションの必須設備となっています。

新築マンションに多く導入されるディスポーザー
ディスポーザーとは1927年にアメリカで開発された生ゴミ処理機が始まりです。ここ日本でもその利便性から、1970年代には大手メーカーが製造を開始しました。しかし当初は排水処理機能が今より発達しておらず、その使用に自粛がかかったこともあり、下水道未整備地域を中心に普及には時間がかかりました。

現在ではディスポーザーの導入に助成金を出す自治体もあり、ディスポーザーと専用処理槽を組み合わせた「ディスポーザー排水処理システム」を採用する分譲マンションは増加しています。
特に新築マンションにおいてはディスポーザーの人気が高く、キッチンの注目設備となっています。

仕組みと使い方

シンク掃除が楽になる設備として人気のディスポーザー。どんな仕組みになっていて、どのような使い方をすればよいのでしょうか?

ディスポーザーの仕組み
①野菜くずなど調理のときに出た生ゴミをディスポーザーに投入します
②水を出します
③蓋を閉めて左右に回しロックし、作動します
④粉砕します

内部搭載のモーターにより回転版(ブレード)が遠心力でゴミを機器外壁に叩きつけて粉砕する仕組みです。
人差し指程度の幅の水を流しながら行うため、水と一緒に下水へとゴミが流れていくメカニズムです。
蓋を閉めないと作動しないことや、刃に直接触れるわけでないことより、安全が確保された家電です。

Budapest Timelapse