サービス

ディスポーザー
交換/修理/撤去

ディスポーザーの取付
設置実績1800件以上
安心・人気の国産メーカー高品質
国内No.1企業も信頼を寄せる確かな施工技術
最適な国産メーカーを提案

リフォーム
リノベーション

リフォーム画像
一級建築士在中
実現したい暮らしのかたち
水回りのトラブル解決
お気軽にご相談ください

外部サイトからの弊社口コミ

日本ディスポーザー協会
日本ディスポーザー協会
日本ディスポーザー協会
日本ディスポーザー協会
日本ディスポーザー協会
IMG_4460
fa887b39a3ee44df101186b5bb01ee7b
66cb79a0064b68cc4ff41900d99df059
3cb21c442c12ac4e680b9b6ec1935ae2
ac50f83054ad82e6dd5e2f3e9e5ab7d7
previous arrow
next arrow
IMG_4460
fa887b39a3ee44df101186b5bb01ee7b
66cb79a0064b68cc4ff41900d99df059
3cb21c442c12ac4e680b9b6ec1935ae2
ac50f83054ad82e6dd5e2f3e9e5ab7d7
previous arrow
next arrow

対応可能エリア

  • 関東エリア​(​神奈川、東京、千葉、埼玉、茨木、栃木)
  • 中部エリア(福井、長野、静岡、静岡、愛知、岐阜、三重)
  • 関西エリア(大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀)
  • 九州エリア(福岡、佐賀、大分、熊本、長崎)
  • 北海道・東北・(出店準備中)

※生ごみ処理機とディスポーザーの比較図(参考)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2021-04-15-2.png
ディスポーザーとは?
  • 台所のシンク(流し台)の下に設置し、水と一緒に生ゴミを流し粉砕させ、下水道に流下させる仕組みとなっている。装置としてはモーターと生ゴミ破砕処理室に分かれており、水道水と一緒に投入された生ゴミを高速回転するターンテーブル で壁面に飛ばし、ターンテーブル周縁部についている固定式または可変式のハンマーと壁面の固定刃で粉々に破砕して水道の流水で排出エルボから押し流すものです。
  • 連続投入方式(破砕機の電源スイッチは壁やシンクに埋め込まれた押しボタン式か床に設置されたペダル式となっており、生ゴミ発生時に動作させ連続で生ゴミを投入処理できます。)
  • 安全性を考慮し上部の蓋を閉じないとスイッチが入らないようになっている蓋スイッチ式(バッチ・フィード式)製品もあり、主に分譲マンションで多く採用されています。
  • 内部にはむき出しの回転刃といったものはなく、投入物を遠心力で周囲の固定刃へ送り出すためのターンテーブルがあるのみのため、動作中に誤って手を突っ込むようなことがあっても指先がターンテーブルの平らな表面をこするだけで手が粉砕されるようなことはなく、安全性は比較的高いです。また、スプーンやナイフなどの食器を落とし込んだまま動作した場合は過負荷保護装置が働き運転を停止します。
  • 残飯や魚の骨・鳥の骨、小さな貝殻、野菜屑などほとんどの生ゴミは処理できるが、枝豆の殻、とうもろこしの髭の部分など繊維質の極端に強い食品は処理できないメーカーがほとんどです。またサザエ等の大きな貝殻やスペアリブの骨など大きく硬いものなどは対応できない。この場合は、別途生ゴミとして排出する必要がある。製品によっては卵の殻、鳥の骨、小さな貝殻等は処理できない場合もあります。
  • 尚、機械自体に排水トラップ機能は無く、排水管からあがってくる臭気、害虫予防として配管部材としてのトラップを別途使用する必要があります。

生ごみ処理機とは

  • 普及の背景には、ごみ問題があります。各自治体が収集するごみの総量は年々増加しています。それに合わせ処理能力も拡大していますが、依然としてゴミは大きな社会問題でありつづけています。特に生ごみは、水分量が大きいため輸送、焼却にかかるコストが大きいです。そのため、一部の自治体では生ゴミ処理機購入に補助金を出すなどの普及活動を行っています。また、近年のエコロジーへの意識の高まりも普及に一役立っている。このような背景を元に、排出源である各家庭での生ごみ処理法として生ごみ処理機が注目、推進されています。
  • 生ごみ処理機は大別して、バイオ式乾燥式の二つがあります。バイオ式は、微生物に適した環境を作り、微生物が有機物を酸化分解し堆肥を作ります。対して、乾燥式は温風等による加熱によって、生ごみ中の水分を蒸発させ、生ゴミの減量化と微生物の不活性化による衛生化を行います。
  • ハイブリッド式というタイプも販売されていますが、これは最終的に微生物によって有機物の酸化分解が行われているためバイオ式に分類される。通常のバイオ式との差は、投入直後に送気による乾燥を行う点です。

ディスポーザーは、家庭用シンクの排水溝に取り付け、生ごみを細かく粉砕して、トイレの汚水と一緒に下水処理施設へと排出してくれる機械です。家電として安価で購入でき、費用対効果も高く、世界的に親しまれています。生ごみを無くし、悪臭、コバエ、ゴキブリなどの家庭内の不衛生に関するお悩みを解決致します。

家庭用ディスポーザーは台所のシンク(→流し台)の下に設置し、水と一緒に生ゴミを流し粉砕させ、下水道に流下させる仕組みとなっている。装置としてはモーターと生ゴミ破砕処理室に分かれており、(11) に水道水と一緒に投入された生ゴミを高速回転するターンテーブル (33) で壁面に飛ばし、ターンテーブル周縁部についている固定式または可変式のハンマー (36) と壁面の固定刃 (41) で粉々に破砕して水道の流水で排出エルボ (35) から押し流すものである。
一般的に普及しているディスポーザーは連続投入方式といわれ、破砕機の電源スイッチは壁やシンクに埋め込まれた押しボタン式か床に設置されたペダル式となっており、使用時(生ゴミ発生時)に動作させ連続で生ゴミを投入処理できる。安全性を考慮し上部の蓋を閉じないとスイッチが入らないようになっている蓋スイッチ式(バッチ・フィード式)製品もあり、主に分譲マンションで多く採用されている。
ディスポーザー内部にはむき出しの回転刃といったものはなく、投入物を遠心力で周囲の固定刃へ送り出すためのターンテーブルがあるのみのため、動作中に誤って手を突っ込むようなことがあっても指先がターンテーブルの平らな表面をこするだけで手が粉砕されるようなことはなく、安全性は比較的高い。また、スプーンやナイフなどの食器を落とし込んだまま動作した場合は過負荷保護装置が働き運転を停止する。

残飯や魚の骨・鳥の骨、小さな貝殻、野菜屑などほとんどの生ゴミは処理できるが、全般的に枝豆の殻、とうもろこしの髭の部分など繊維質の極端に強い食品は処理できない。またサザエ等の大きなの殻やスペアリブなど大きく硬いものなどは対応できない。この場合は、別途生ゴミとして排出する必要がある。製品によっては卵の殻、鳥の骨、小さな貝殻等は処理できない場合もある。
なお、ディスポーザー自体に排水トラップ機能は無く、排水管からあがってくる臭気、害虫予防として配管部材としてのトラップを別途使用する必要がある。

wikipediaより

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: a040144b95bb8c133ce40b32a60dff08-1.jpg


取り付け、取り外しは1時間ほど!プロの技術にお任せ下さい。​
ごみ袋のお値段が高い地域にお住まいの方やキッチンのリフォームをお考えの方、家電に興味がある方もお気軽にお問合せ下さい。
当店は下水道協会認定商品の純正品のみのお取付をしております。海外製品や既製品のお取付は取り付け手数料のみで対応させていただきます。
耐久年数は約10年~15年です。

株式会社フロム工業社製 YS-8100

環境保護とSDGs

(持続可能な社会の実現)

ディスポーザーは、焼却や埋め立てによって行われる行政コストの削減、CO2排出や温暖化抑制、衛生環境の改善から、環境保護に貢献し、持続可能な社会を実現します。よく「脱炭素社会」という言葉を耳にしますが、車だけでなく家庭の可燃ごみに目を向けると様々な問題があります。
米国で家庭でのシェア率60%
日本で家庭でのシェア率1%未満
比較すると、先進国であるにもかかわらず日本の普及率の低さが伺えます。
私たちは、ご家庭でのディスポーザー設置を推奨しております。
ディスポーザー付きマンションにお住まいの方は交換の際、日本下水道協会の認定品の中から自由に製品を選ぶことができます。
日本下水道協会認定商品を各自治体と連携をとり、各世帯へ広めることで普及率の向上につなげ、CO2排出や温暖化の抑制など持続可能な社会を実現するために取り組んでいます。


① 経済   
日本ではディスポーザーのシェア率が米国に比べ、低くなっています。各自治体と連携を取り、ディスポーザーの認知度を上げ、ディスポーザーの設置数を増やせるように努めています。
ディスポーザーの設置数が増え、生ごみが削減し、生ごみの処理をするためにかかる焼却や埋め立ての費用を削減することで行政のコスト削減に貢献をしています。
② 社会上記、①経済面で記載のように生ごみの処理をするためにかかる焼却や埋め立ての費用を削減し、その資金を行政の医療や災害等にかかる費用に変えることができ、地域社会に貢献をしていきます。
③ 環境ディスポーザーの各世帯での設置を広げていく活動を行い、生ごみを削減することにより、各地域で問題となっているカラスなどのごみの被害抑制や衛生環境の改善につなげています。また、焼却ごみが少なくなり、CO2の削減につながり、地球温暖化の抑制に貢献をしています。

戸建てでディスポーザー設置をご検討(ディスポーザー単独使用)の方は、地域によって、単独設置が認められていない場合がありますのでまずは弊社にお問い合わせください。
ディスポーザーの取り付け、交換、撤去、実演販売等ディスポーザーのことなら何でもお任せください。

お気軽にお問い合わせください。045-295-1500受付時間24時間

✉:info@nihondisp-ky.com

関東本社 
〒231-0838 神奈川県横浜市中区豆口台156-2

中部営業所
〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄1-17-19

関西営業所
〒535-0002 大阪府大阪市旭区大宮4-11-17

九州営業所
〒819-0373 福岡市西区周船寺3-15-13

お気軽にお問い合わせください。045-295-1500受付時間24時間